2008年10月01日

ヒストリー・オブ・バイオレンス

ホラー映画を借りようと思ってたのだが、TSUTAYAのホラー・コーナーの前でロン毛のイケメンリーマンが粘っており入り込めそうになかったのであきらめてバイオレンス物にした。

クローネンバーグを見るのは「スパイダー」以来でかなり久しぶり。この人の作品でいまだに「傑作」と呼べるものには出会ってないが、次はどんな悪趣味映画をつくってくれるんだろうと一作ごとに気になる存在ではある(「eXistenZ」とか未見のものもけっこうあるのでえらそうなことは言えないが)。

で、期待してなかったが、意外と楽しめた。タイトルから難解な内容を想像していたが中身はかなりストレートな暴力物。アメリカの田舎町で食堂を営み家族と平和に暮らしていた平凡な男が犯罪に巻き込まれ、段々自分の中の暴力性に支配されていく、という話。

クローネンバーグの狙いは正直よく分からない。たとえばハネケの傑作「ファニーゲーム」は、暴力映画というジャンルの枠組みをフルに利用して監督自身楽しみながら、かつ暴力映画を批判しアンチテーゼを突きつける強烈な思考実験に満ちていたけど、「ヒストリー・オブ・バイオレンス」は暴力あるいは暴力映画について何を語りたいのかがいまひとつ伝わってこなかった。

しかし、単に見てスカッとする暴力映画という意味では及第点をあげてもいい。主人公トム(ヴィゴ・モーテンセン)が悪漢に3回囲まれてどう切り抜けるかを見るのはなかなか面白かった(ただ、かなり動きが古典的で予定調和なのでハラハラするよりも、やっぱりかw、という笑いの要素の方が大きい。そういう意味で最近の陰惨な暴力映画より、「コマンドー」なんかを見てる感覚に近い)。でもって、トムと妻の間で高まっていく暴力性・憎しみは激しいセックスで解消というパターンもお約束過ぎて笑ってしまう。

ありきたりな内容なんだけど、ありきたりな暴力描写ならではのスカッとする味わいを素直に受け止めれば楽しめる作品でした。
「イースタン・プロミス」もそろそろDVD出るようですが、こちらはどんな作品なのでしょうか。


posted by onion_slice at 23:34 | Comment(2) | TrackBack(1) | クライム
この記事へのコメント
クローネンバーグ大好きで、「イースタン・プロミス」の公開前に5,6作品続けて書きました。この監督さんの作品は人によって好き嫌いはっきりしてるでしょうね。
インタビュー記事で、「どんな善良な人も、実際は誰かの暴力によって守られている」って言ってましたよ。
Posted by Whitedog at 2008年10月02日 00:58
Whitedogさんの「ヒストリー・オブ・バイオレンス」評読みました。
確かに、暴力に関わらざるを得ない切実さみたいなのはよく描写されてますよね。トムの息子のいじめの伏線とか。

クローネンバーグは独特のドロドロ感が好きです。
Posted by 管理人 at 2008年10月02日 08:09
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/107440001

この記事へのトラックバック

【映画 DVD】 ヒストリー・オブ・バイオレンス
Excerpt: 今回は、映画「ヒストリー・オブ・バイオレンス」 アメリカ・インディアナ州の田舎町。小さなダイナーを経営するトム・ストールは、妻のエ...
Weblog: 映画、こんなん観ましたけど…
Tracked: 2008-10-02 00:57
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。