2009年01月31日

刑事コロンボ「白鳥の歌」

原題"Swan Song"。製作1974年。

人気カントリー歌手トミー・ブラウン(ジョニー・キャッシュ)は自分の音楽活動で得た収入のほとんどを妻エドナ(アイダ・ルピノ)に握られており、エドナの信仰する宗教の礼拝堂建築へ金がつぎ込まれるのが我慢ならない。エドナと、トミーの弱みを握る若い女性の殺害を決意したトミーは所有する小型飛行機に二人を乗せ、墜落事故に見せかけて殺し自らは機体から投げ出されたように偽装して脱出を図る。

このエピソードはなんと言ってもジョニー・キャッシュの渋さにつきる。
犯行はとても大胆なんだけど、普段の彼は特異な人間的魅力を備えていて憎みがたい。殺害計画の実行直前にも悪妻エドナと腹を割って話しかけ和解のチャンスをもちかけるし、飛行機整備場の作業員にもスター気取りのない気さくな態度で接する。また、例によってねちっこくまとわりついてくるコロンボの矛盾突き攻撃にも他の犯人のように動転せずおおらかな人柄で対応する。さすがコロンボをして「これだけの歌を歌える人に悪い人はいない」と言わしめるだけのことはある。ラストでコロンボが他の警官を帰して自分の運転でトミーを連行するシーンは何というか非常に男泣きを誘う名シーンだと思う。

ちなみに、ウィキペディアによると朝鮮戦争で空軍入隊という作中の設定は実話らしい。
それから、エドナ演じるアイダ・ルピノは、何気にクラシック・ギャング映画「ハイシェラ」でボギーと共演していたりする人ですね。

トリック的な面白さはさほどでもないが、ピーター・フォークとジョニー・キャッシュの掛け合いの面白さが群を抜いている一作。「ウォーク・ザ・ライン」は未見だが、ぜひ観たくなってきた。

エピソード満足度:8/10

posted by onion_slice at 23:27 | Comment(0) | TrackBack(0) | TVシリーズ
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。