2009年02月14日

刑事コロンボ「自縛の紐」

原題:"An Exercise in Fatality"(1974)

スポーツクラブを運営するマイロ・ジャナス(ロバート・コンラッド)はフランチャイズ先のクラブオーナーに自ら抱える関連事業会社の製品を不当に高く買わせ、帳簿をごまかして得た利益を外国に送金する詐欺師。クラブオーナーの一人、ジーン・スタフォード(フィリップ・ブランズ)が利益隠しに気づいたことから彼を殺害し、ジーンがトレーニング中に事故で死んだと見せ掛ける。

最初のほうはマイロに振り回されるコミカルなコロンボの姿がほほえましいが、だんだんマイロが逆ギレしはじめるとコロンボも怒りを顕にしていく。多くのエピソードでは、コロンボがのんびり状況証拠・物的証拠をかき集めてつむいだ蜘蛛の巣に犯人が引っかかるのを待つのが定石だが、策を弄さず犯人に対して本気モードでストレートに挑むコロンボが見れるレアな作品。

エピソード満足度:6/10
posted by onion_slice at 22:53 | Comment(0) | TrackBack(0) | TVシリーズ
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。