2009年02月28日

刑事コロンボ「狂ったシナリオ」

原題"Murder, Smoke and Shadows"(1989)

若く才能ある映画監督ブレイディ(フィッシャー・スティーブンス)の前に旧友レニーが現れる。レニーは事故で亡くなった妹ジェニーの死の真相として、ブレイディにあるフィルムを見せる。フィルムにはブレイディがジェニーにバイクスタントをやらせている最中に彼女が崖から転倒する姿が映っていた。フィルムの存在を世に知らしめブレイディを破滅させると息巻くレニーにフィルムは合成だと嘯き、夜闇に誘い込み高圧電流ゲートにおびき寄せ殺害する。

なかなか愛嬌ある魅力的な顔立ちのフィッシャー・スティーブンスだが、80年代のティーンアイドルだったとのこと。どっかで観た気がしないでもないと思っていたが、"LOST"のシーズン4に出てきた、アイランド行きの船のキャプテン・ミンコフスキーだった。それから、アルトマンの遺作「今宵、フィッツジェラルド劇場で」のプロデューサーなんかもしているのが驚き。

エピソードのトリック的な要素はほとんど特筆すべきことはない。どちらかというと犯人対コロンボの心理的な対決描写が中心で、今回のコロンボは最初からかなりアグレッシブにネチネチと攻める。飲み残しのクリームソーダによるプロファイリングを披露して犯人の急所を突いたり、演出のプロに対して凝った演出仕掛けの追い込み捜査をしたりと実に老獪な手練手管ぶりを発揮する。

ところでなぜかわからないがいつのまにか副音声に切り替えられなくなっているようだ。とくに日本語吹き替えに不満があるわけではなくて、たまにP.フォークの地声が聞きたくなってサブに切り替えてみるのだけど、新シリーズの放映分になってからなのか吹き替えオンリーになっている様子。

エピソード満足度:6/10
posted by onion_slice at 23:50 | Comment(0) | TrackBack(0) | TVシリーズ
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。