2009年03月07日

刑事コロンボ「幻の娼婦」

原題"Sex and the Married Detective"(1989)

性に関する著作にラジオにカウンセリングが大好評の人気女性セラピスト、ジョーン・アレンビー(リンゼイ・クルーズ)。仕事上のパートナーでもあり、愛人でもあるデヴィッドが同じ事務所の若い女性シンディと浮気していることを知り復讐を誓う。

ジョーンが自分とまったく外見の違う高級娼婦(courtesan)を装って巧妙にデヴィッド殺しの架空の犯人を仕立て上げ、コロンボがアリバイを崩していく。

トリック的に面白さはあるが少なからず無理やり感がある。ちょっと着飾ってかつらつけたところで、あれだけ知人の目の前に出て声も発せば普通気がつくだろう。2回目のリサへの変身でぬけぬけとバーへ出かけてわざわざコロンボに偽装電話させるシーンもどうも違和感がある。

新シリーズは微妙なのが多いのかね。ヤフーTVで来週のオンエアチェックするとまた新シリーズかよ、とちょっとがっくり。やはり70年代の空気の方が好きだ。もう少し新旧織り交ぜながらの放送を期待したいのだが。。

エピソード満足度:4/10
posted by onion_slice at 22:52 | Comment(0) | TrackBack(0) | TVシリーズ
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。