2009年03月30日

サーチャーズ2.0

最近、コロンボブログのようになってしまっていたが、このままではいかんということで3ヶ月ぶりに映画を観た。

TSUTAYAの棚を占領するメインストリーム作品もいいんだけど、どうにもそそられず。そんななか、棚の隅っこで1本だけひっそりと誰にも借りられずに佇んでいるアレックス・コックス作品に遭遇してしまったので即決。バウスでやっていたが見逃したやつだ。

タイトルだけでなく、復讐を主題にしたストーリーもジョン・フォードの「捜索者」を意識しているわけだが、中身は徹頭徹尾コックス流。幼い頃、子役として出演した西部映画で自分たちを鞭打ったサディスト脚本家にリベンジするため、二人の初老の俳優(と内一人の娘)がアリゾナに向かうロードムービー。

しかし、なにしろ数十年前のことだし本人たちもすっかり年老いて現役を離れた役者なので、憧れている「捜索者」のウェインや「アウトロー」のイーストウッドのようにギラギラと血に飢えた復讐者には不釣合いで、リベンジを目的とする旅は二人のシネフィル爺のぐだぐだ映画談義に終始する。

この確信犯的なぐだぐだ感がたまらない。(最高の戦争映画は?との問いに意外とミーハーな作品を挙げたり、重要な役者名を覚えていなかったりとややピンボケしたシネフィル度合いがまたうさんくさくて好きだ)また、生ぬるいプロットに絶妙にマッチしたローバジェット臭は、さすがロジャー・コーマンとしか言いようがない独特さがある。

というわけで、久々に80年代のコックス映画も見たくなった。最近、新作映画に食指が動かないので昔の作品を見直そうと思う今日この頃。ブログを別に立ち上げようかな。。


posted by onion_slice at 23:58 | Comment(1) | TrackBack(0) | コメディ
この記事へのコメント
サイト運営し始めた者なんですが、相互リンクしていただきたくて、コメントさせていただきました。
http://hikaku-lin.com/link/register.html
こちらより、相互リンクしていただけると嬉しいです。
まだまだ、未熟なサイトですが、少しずつコンテンツを充実させていきたいと思ってます。
突然、失礼しました。
LpfNviIi
Posted by hikaku at 2009年05月11日 14:15
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/116465768

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。