2009年04月04日

刑事コロンボ「だまされたコロンボ」

原題"Columbo Cries Wolf"(1990)

グラビア雑誌の写真家ショーン・ブライトリー(イアン・ブキャナン)と女性経営者ダイアンが、雑誌の売り上げを伸ばすため偽失踪事件をでっちあげ刑事コロンボを利用する。

殺人が起きたらしい状況証拠はあるが、死体が出てこないまま作品の終盤まで引っ張る珍しい構成。タイトル通りコロンボが派手に騙される。ブライトリーから受けとったシャンパンを地面に捨てるシーンは相当悔しそうだった。が、最後の最後は警部の面目躍如で終わる。ポケベルを使ったラストはなかなかの見ごたえで、トリック的にはかなり好きな部類に入ると思う。

犯人役のイアン・ブキャナンは、スマイリーなルックスは佐藤隆太で声はフリーザ様(中尾隆聖)。あの見下したような独特のしゃべり方がはまり役だ。

まあまあいいんだけど、いい加減に70年代の作品に一時的にでも戻ってほしいところ。頼むぜNHK。

エピソード満足度:6/10

posted by onion_slice at 23:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | TVシリーズ
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。