2009年04月26日

巴里の恋愛協奏曲

アラン・レネの昔の作品が好きなので一応見てみたが、タイトルと粗筋から予想される通りのお洒落なフレンチラブコメ以上のものではなかった。

セレブ夫婦を中心とした恋愛騒動を歌を混ぜながら描く本作品は「オペレッタ」と呼ばれる形式。ミュージカルほどくどくないのでこの手のジャンルが苦手な人にも比較的とっつきやすいし、語り口調に限りなく近い軽やかなフランス語のシャンソンを聞いているだけでも楽しい気分にはなる。

残念なことに、楽しい気分以上の映画体験には一歩及ばずだったのは、女主人公2人とオドレイ・トトゥにそんなに魅力を感じなかったせいだろうか。男優陣もいまひとつパンチが弱いか。

でも、80超えてこれだけ陽気でエネルギッシュな作品作れるわけだから、やはり敬意は払いたい。年寄りになっても創作し続けるって素晴らしいですね。


posted by onion_slice at 23:36 | Comment(0) | TrackBack(0) | 恋愛
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/118138121

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。