2009年05月30日

刑事コロンボ「犯罪警報」

原題"Caution: Murder Can Be Hazardous to Your Health"(1991)

視聴者参加型の犯罪摘発番組の司会を務める人気パーソナリティが、昔ポルノ男優をしていた過去をライバルキャスターにかぎつけられ、番組を降りるよう脅迫されたことからタバコに毒薬を仕込み殺害する。

犯人役(ジョージ・ハミルトン:ゴッドファーザー3にも出ているらしい。そういわれるとなんとなく見たことありそうな顔立ち)もトリックも大して面白くない。
ニコチンサルフェート入りのタバコによる毒殺をごまかすため、吸殻を差し替えるときに吸い跡のないタバコを使うというのがいかにもお粗末。

ここのところ駄作率が高く、いい加減、新シリーズへの期待値が低くなってきているわけだが、来週「初夜に消えた花嫁」は多少毛色の違った作品のようだ(犯人が最初から分からない構成?)。

エピソード満足度:4/10
posted by onion_slice at 22:24 | Comment(0) | TVシリーズ
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。