2009年06月06日

刑事コロンボ「初夜に消えた花嫁」

原題"No Time to Die"(1992)

コロンボの甥の刑事アンディの結婚式。初夜を迎え、アンディがシャワーを浴びる間に花嫁メリッサが誘拐される。

通常のコロンボと違い犯人は最初から明かされないのが特徴。
犯人が異常者であり、1992年という製作年を考えると明らかに「羊たちの沈黙」の影響を受けていそうだが、ハンニバル・レクターやケヴィン・スペイシー演じる首ちょんぱ野郎たちの猟奇的な行動に慣らされた目で見ると、犯人のサイコパス度合いは残念ながらかなり低い。

作品としてはつまらないと思うが、たまにはこういう形式もよいかも。
ピーター・フォークがアルツハイマーで自分がコロンボを演じたことすら覚えていないという悲しい状況なので、駄作率の高い新シリーズも一作一作を大事に見て頭にコロンボの姿を焼き付けておこうと思う。

エピソード満足度:4/10
posted by onion_slice at 20:56 | Comment(0) | TVシリーズ
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。