2009年06月07日

恋愛睡眠のすすめ

監督ミシェル・ゴンドリー、出演ガエル・ガルシア・ベルナル、シャルロット・ゲンズブール。フランス=イタリア、2006年。

マンションの隣同士に住むことになった内向的な男女ステファンとステファニーの恋愛ストーリー。

恋愛といっても、ゲンズブール演じるステファニーのステファンに対する態度は最後までどこか距離を置いたままで、普通の恋愛映画のようにはなかなか発展しない。
そのステファニーの心をつかみきれないもどかしさ、現実に対して巧く自分をコミットできない不器用さがステファンの夢想の中で奔放さを与えられ、アニメ効果やいろんな特撮ギミックを駆使して表現される。

このへんはさすがミュージッククリップ/CM畑出身だけあって、視覚にぱっと訴えかける大量のアイデアはなかなかのもの。

独特な超現実的質感といい、男女間のすれ違いの淡さといい、「エターナル・サンシャイン」と共通項も多く、「エターナル」が好きな人には大体において満足いく仕上がりになっている。

個人的には、最初は面白いけどだんだん見疲れてくるタイプの映画だった。やはりチャーリー・カウフマンの異常な暴走力をもつスクリプトの助けがないと、いまひとつ映画の面白さを底上げするパワーに欠けるのかもしれない。


posted by onion_slice at 18:22 | Comment(0) | 恋愛
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。