2009年06月21日

刑事コロンボ「恋におちたコロンボ」

原題"It's All In The Game"(1993)

2人の女性が自分たちをもてあそんだプレイボーイを共謀して殺害。
うち一人のローレン(フェイ・ダナウェイ)は第1発見者かつ、恋人を亡くした不幸な女性を演じコロンボに近づき捜査の目をそらそうとする。コロンボはローレンが犯人だと感じつつも彼女の魅力にひきつけられてしまう。

タイトル通り確かにコロンボが恋におちてしまう。カミサンカミサンが口癖の熱烈な愛妻家キャラかと思いきや、実は浮気願望が。。?とコロンボの新たな一面が見えるエピソード。

トリック的にはパンチがない。謎の共犯者の存在が電話の通信記録一発でばれるなど味気なさが随所にある。が、コロンボと孤独を抱えた大富豪の女性が、刑事‐容疑者という緊張関係にありながら段々恋愛に近い感情を抱いていく筋書きは悪くない。フォークが脚本を書いた唯一の作品でもある。

エピソード満足度:6/10
posted by onion_slice at 09:49 | Comment(0) | TVシリーズ
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。