2009年06月27日

刑事コロンボ「4時02分の銃声」

原題"Butterfly In Shades Of Grey"(1993)

ラジオパーソナリティのフィールディング・チェイス(ウィリアム・シャトナー)は、血のつながらない娘ヴィクトリア(モリー・ヘイガン)が自分の手を離れ作家として自立して生活する意思をもつことに猛烈に反対し、彼女の出版への手助けをする自分の部下を殺害する。

ウィリアム・シャトナー。特に役者として注目したことはないが、TVシリーズの犯人役クラスとしてはなかなかの貫禄で、コロンボとの対決シーンは新シリーズの中でかなりいい線を行っていると思う。

娘ヴィッキー役のモリー・ヘイガンは新シリーズのどこかで以前に見た記憶があり、調べたら「狂ったシナリオ」に出ていた。

携帯電話が殺人の偽装アリバイトリック崩しの重要なアイテムになるわけで、それなりに楽しめたんだけど、コロンボが「うわさでは携帯でずっと話してるとぼけないらしいですよ」と言っているのが今となってはかなりつらい皮肉に聞こえる。もしそれがそうならアルツハイマーのP.フォークの耳元に携帯をかざし、ファンからのメッセージを届け続けて、コロンボ警部を再生させてほしい。

エピソード満足度:7/10
posted by onion_slice at 20:49 | Comment(0) | TVシリーズ
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。