2009年07月25日

刑事コロンボ「殺意の斬れ味」

原題"A Trace of Murder"(1997)

嫌われ者の成金男クリフォードの妻キャサリン(シーラ・ダネーズ)と浮気相手パトリック(デヴィッド・ラッシュ)が、クリフォードの係争相手の投資家を殺害し、クリフォードを警察に捕まえさせることで彼の資産をキャサリンの手中に収めようとする。

このエピソードは以前地上波で見た記憶があるんだけど、かなり面白いと思う。パトリックという真犯人はLA警察科学捜査班の職員(「CSI」みたいなやつ)で、コロンボに助言を与えるふりしてクリフォードの有罪を誘導しようとする。うまく行き掛けていたところで、些細なことからコロンボの疑いの眼差しを向けられて、キャサリンと一緒に化けの皮をはがされていくストーリーがよく描かれている。

パトリック役のデヴィッド・ラッシュはよく見る顔な気がする。
そしてキャサリンだけど、すでにコロンボ新シリーズで何度となく見ている顔だな、、と思って調べたらピーター・フォークのカミサンじゃねぇか。。。コロンボの口癖は「カミサンカミサン」だけどリアルカミサンが何度も登場してたとは迂闊だった。知らなかったのが恥ずかしいんだけど、Shera Daneseという覚えにくい名前に難があるな。カタカナ表記の仕方が定まってないようで、検索するとシーラ・ダネーズやらダニーズやらシェラ・ダネーゼやらどれが一番英語発音に近いのか定かではない。
しかしフォークの女性の好みがこういう感じなのかと少しサプライズだった。

新シリーズはあと3話だが来週はお休みらしい。

エピソード満足度:7/10
posted by onion_slice at 22:56 | Comment(0) | TVシリーズ
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。