2009年08月15日

刑事コロンボ「奪われた旋律」

原題"Murder With Too Many Notes"(1999)

弟子のガブリエルに曲をかかせて仕事も名声も独り占めにする映画音楽作曲家フィンドレー・クロフォード(ビリー・コノリー)。ガブリエルがクロフォードとの関係を暴露すると言い出したことから、転落死に見せかけ殺害する。

自分は演奏会場で指揮棒を振りアリバイを確保しながら、映画撮影用のエレベータを自動操縦させ、屋上に放置した昏睡状態のガイシャを突き上げて落とすというトリックがなかなか見ごたえあり。なんだけど、トリックを見破るに至るプロセスが少し物足りない。犯人役との絡みもややあっさりしすぎている印象を受ける。

キーボード打って、PCの画面で譜面が作成されるシーンとかあったけど、1999年の時点でこんなことができてたんですね。1999年という年がすでに10年前ということに驚きを覚える。

次回は新コロンボのラスト放映だが2週休みとのこと。とりあえずこれまでの新シリーズ23エピソードから、個人的なベスト、ワースト・エピソードを決めて近いうちにアップしたいと思う。

エピソード満足度:6/10
posted by onion_slice at 21:57 | Comment(0) | TVシリーズ
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。