2009年09月26日

刑事コロンボ「もう一つの鍵」

原題"Lady in Waiting"(1971)、出演スーザン・クラーク、レスリー・ニールセン。

広告会社の社長である兄から、同じ会社の社員との交際を反対された妹が強盗と間違えた正当防衛に見せかけて兄を殺害する。

コロンボではあまり類を見ない正当防衛としてカムフラージュされた殺人。被疑者が殺しをやったことは認めているので、問題は殺意があったかどうか。殺したという状況は明確だが、そこに殺意があったのかを示す物的証拠が皆無である以上、犯罪の立証が難しいケースだと言える。最終刷りの夕刊という状況証拠はあるが弱い。そこでコロンボが利用したのが、容疑者の証言に含まれる事件のディテールの順序と、目(耳?)撃者が語る事件のディテールの順序との食い違い。

この証言の食い違いで容疑者の有罪性に行き着く過程は、数学の論理命題を解いたときのようなすっきり感がある。

犯人役の女もなかなかセクシーで味があってよい。性格の悪さゆえに、コロンボに仕留められるときのカタルシスも大きい。レスリー・ニールセンは共犯者ですらないのでどうもぱっとしないが。。

それにしても来週はいよいよ。いよいよ「黒のエチュード」。ついにカサベテスか。放映開始以来はや9ヶ月。この日を待っていた。録画必須の永久保存版だ。旧時代の化石のようなアナレコしかなくHD記録できないのが心から苦しい。年末にBlu-Ray付HDレコーダ購入予定だったが、その前に放映とは。。

エピソード満足度:7/10
posted by onion_slice at 20:41 | Comment(0) | TVシリーズ
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。