2010年01月04日

実録・連合赤軍 あさま山荘への道程

監督・若松孝二。2007年日本。

60年代後半の学生運動から極左団体が生まれ、もはやイデオロギー闘争からかけ離れた山岳ベースでの暴力事件、それに続くあさま山荘立てこもりに発展した過程を「総括」した映画。

役者一人ひとりが役にかける尋常でない意気込みがギラギラ伝わってきて、最近の邦画を席巻しているTV企画の延長作品に出ているようなゆるい俳優たちとは一線を画している。とくに山岳ベース事件のシーンでは、森恒夫・永田洋子を筆頭とする連合赤軍メンバー内の狂気に圧倒される。

また、このシーンで何十回と繰り返される「総括」という言葉が、革命思想上の立場からの自己批判という意味合いから段々乖離して、リンチや処刑のトリガー・フレーズとなっていくのがなんとも不気味な演出だった。今後、「総括」という言葉を聞くたびにあの情景が蘇りそうだ。

しかし映画としてのテンションは山岳ベースをピークに下降してしまう。残念なことに、肝心のあさま山荘立てこもり自体にあまりインパクトがない。ちょっと青春ドラマっぽいテイストの演出に傾いているのが気になる。ここだけなら当時のニュース映像の方がよほど緊迫感に満ちているんじゃないだろうか。


posted by onion_slice at 17:52 | Comment(0) | ドキュメンタリー
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。