2010年01月30日

刑事コロンボ「闘牛士の栄光」

原題"A Matter of Honor(1976)"、出演リカルド・モンタルバン。

元闘牛士ルイス・モントーヤと、闘牛の介添え役としてパートナーを務めるエクトール・ランヘルは長年のパートナー。エクトールの息子クウロがリングで牛に倒され気を失い二人は助けに入るが、ルイスはすくみあがってしまいエクトールが一人で息子を助ける。無様な姿を見られたプライド高きルイスはエクトールの殺害を企てる。

ロケーションはメキシコ。コロンボのホームグランドではないが、休暇中に車で事故を起こしてしまい知り合った現地の警官と行動をともにするうち、闘牛に絡んだ事件に遭遇して首を突っ込んでいく。

特殊な回で、せっかくのメキシコロケだから90分枠にしてもよかったのではないか。現地のメキシコ警官と、文化的にかみ合わないながらもタッグを組んで捜査を進めていく、というようなストーリー上の味付けをちょっと期待したのだが、結局ほとんどコロンボが一人で解決パターンだった。

しかしこれは単なる個人的願望なのでどうでもよく、内容はよい。牛を追い立てる木の道具の破片や、気象情報から犯行の状況を具体化していく推理力が驚異的だ。

最後は、物的証拠に欠けるときのお得意嵌めこみパターン。名誉や面子を重んじる犯人の性格を研究し、それらが打ち砕かれたときに素直に罪を認めざるを得なくなるという状況を作り出すことで事件に幕を引く。
この、犯人の性格を知悉して行動を読む力がすごいんですよね。

エピソード満足度:8/10
posted by onion_slice at 20:54 | Comment(0) | TVシリーズ
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。