2010年03月06日

刑事コロンボ「死者のメッセージ」

原題"Try and Catch Me(1977)"、出演ルース・ゴードン。

女流推理作家アビゲイル・ミッチェルは、自分の姪がその夫エドモンドに殺されたと疑っており、エドモンドに自分の財産分与の話を持ちかけ油断させ金庫に閉じ込めて酸欠死させる。

おそらくコロンボのエピソード中、最高齢の犯人か。製作時に実年齢80に達しているルース・ゴードン。しわくちゃのおばあちゃまだがなかなかかわいらしく、コロンボとの知力対決も見ごたえがある。

トリックは、犯罪小説の書き手だけあって用意周到かつしっかりと自分のアリバイを確保している。しかし犯人の車のキーを金庫内に残せなかったのが過ちで、そこにコロンボがサメのようにくらいつく。

ダイイング・メッセージの真実も感心した。閉じ込められた人間が残した死に際の執念のリアリティがよく出ているように思う。

エピソード満足度:7/10
posted by onion_slice at 20:42 | Comment(0) | TVシリーズ
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。