2010年03月20日

刑事コロンボ「攻撃命令」

原題"How to Dial a Murder(1978)"、出演ニコル・ウィリアムソン。

心理学者メイソンが浮気をした妻を殺害。数ヵ月後、浮気相手で知人の男をドーベルマン2匹に襲わせて殺す。

犬を特定の言葉に反応させ人を襲わせるというだけのトリックで、単純明快だが、その特定の言葉が「市民ケーン」の有名なローズバッドだというのがなかなか面白い。そして、「ケーン」のOPに影響された邸宅の門構えの話をするうちに自分からその言葉をうっかりしゃべってしまう犯人は、コロンボが最後にがっかりしたというように、他のエピソードの殺人者に比べて、相手を出し抜く狡猾な知性と用心深さが欠如しているように思う。しかし、それも映画への愛情からくるものなのでどこかほほえましい。殺しの動機が同情を誘うということもあり、見ていて憎めないタイプの犯人だった気がする。

犯人が追い詰められてコロンボを殺そうとするレアなエピソードでもある。オチは予想した通りだが、ヒッチコックっぽい演出でなかなかよいと思う。

惜しい点は、犯人の家に居ついていて事件の第一発見者である女性の役どころが中途半端なところか。

エピソード満足度:7/10

posted by onion_slice at 20:34 | Comment(0) | TVシリーズ
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。