2010年03月27日

刑事コロンボ「5時30分の目撃者」

原題"A Deadly State of Mind(1975)"、出演ジョージ・ハミルトン、レスリー・アン・ウォーレン。

精神科医コリアーは、患者ナディアと関係をもつが、ナディアの夫にばれたことから追い詰められ、暖炉の火かき棒で衝動的に殴りつけ殺してしまう。

推理面、対決面、ドラマ面の3拍子で面白い良エピソードだと思う。
精神的に不安定なナディアを共犯に仕立てた挙句、疑いをもったコロンボの目をそらさせるために催眠術で自殺に追いこむ非道なコリアー医師。コロンボは犯行現場に残されたライターの石という小さな手がかりからコリアーの犯罪を確信しているが、証拠を挙げるまでにいかない。そこへ、唯一の証人が現れるが、目が見えず犯人の顔を目撃してはいない。この証人を使っていかに犯人を嵌めるのか。
このラストの嵌め技の鮮やかさはコロンボの全エピソードでもベスト5には入るのではないだろうか。

犯人役は、新シリーズ「犯罪警報」にも出ていたジョージ・ハミルトン。さわやかだがどこか憎たらしい顔つきが個性的だ。

エピソード満足度:8/10
posted by onion_slice at 20:32 | Comment(0) | TVシリーズ
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。