2010年04月24日

刑事コロンボ「ロンドンの傘」

原題"Dagger of the Mind(1972)"、出演リチャード・ベイスハート、オナー・ブラックマン。

「マクベス」を演じる役者夫婦。妻の色仕掛けで著名なプロデューサー、サー・ロジャーに迫り公演のための金を出させるが、利用されたと知り激怒し楽屋に押しかけてきたサーをはずみで殺してしまう。

舞台はロンドンで、スコットランドヤードの捜査方式を見学にきたコロンボが偶然巻き込まれる設定。

コロンボと犯人夫婦の絡みは少ないわりに、作品の尺は100分近くあり長いのだが、長さを感じさせない持続する面白さがある。これは、直接対決シーンこそ抑えられているが、タイトルにもなっている傘をめぐる犯人とコロンボの綱引きの攻防戦の展開が見事だからだろう。ロンドンの雨というイメージにもぴったりで、単なる小道具にとどまらない象徴的な効果を挙げている。

最後の証拠のでっち上げも、コロンボのブラフで押し切るダーティな面が全開で好きだ。犯人が殺人を隠すためのトリックではなく、証拠がない状況で犯人を嵌めるためにデカが使うトリック。現場で多数の犯人と知能のぶつけ合いを続けてきたからこそ、犯罪者の悪知恵を自分の武器として吸収し応用する特異な能力が形成されたといえる。

ちなみに犯人の夫の方は、フェリーニの「道」でアンソニー・クインに殴られるあの道化の人だ。最後の、マクベスさながら狂気に落ちて行く演技が印象深い。

エピソード満足度:9/10
posted by onion_slice at 00:37 | Comment(0) | TVシリーズ
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。