2010年05月08日

刑事コロンボ「忘れられたスター」

原題"Forgotten Lady(1975)"出演ジャネット・リー。

かつてのスター女優がミュージカルへの復帰を図るが、当てにしていた資金を元医者の夫から断られ、自殺にみせかけて殺す。

推理面での面白さはあまりないが、ラストの展開は非常に胸を打つ。自分が殺したことも覚えていないと思われるグレースが、大好きなミュージカルの映画に無邪気に見入っている姿は、コロンボの全エピソードの中でもっとも切ない気分になった場面かもしれない。

必然的に、コロンボを演じたことも覚えていないというピーター・フォークの現在に思いが至り、こみあげてくるものがあった。

エピソード満足度:6/10
posted by onion_slice at 20:27 | Comment(0) | TVシリーズ
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。