2010年06月13日

刑事コロンボ「策謀の結末」

原題"The Conspirators(1978)"、出演クライヴ・レヴィル。

詩人ジョー・デヴリンはIRA活動家という裏の顔をもつ。アイルランドの闘争のために武器調達を画策するが、武器商人が裏切り者だと分かり処刑をする。

詩とウイスキーを愛し、自らの政治信念に基づき罪をおかす犯人。コロンボの追求にユーモアあふれる人柄で応じ、臆することなく冷静に銃器調達と密輸に奔走する大物ぶりが最終回にふさわしい。

ピンボール、ダーツ、即興誌、飲み比べなど敵の懐に入りながら、相手の癖や思想を研究し、動機や現場の状況解明へつなげていく推理の実践的手法もコロンボの王道スタイルで、満足いくものだった。

ということで全エピソード制覇達成。

エピソード満足度:8/10
posted by onion_slice at 15:57 | Comment(0) | TVシリーズ
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。