2005年07月30日

六月の蛇(2003,日本)

監督:塚本晋也、出演:黒沢あすか、塚本、神足裕司。心の電話相談室ではたらく女が相談相手からストーカーを受け、始めは恐怖を感じるが除々に心の奥底の性的願望を開化させていく過程を青一色で撮ったもの。

救い難い駄作で、上映時間が70分ぐらいの短さだったからなんとか途中でDVDの停止ボタンを押さずに済んだものの、まるっきり時間を無駄に潰してしまったという後悔だけが残る史上最低の出来栄え。題材のうすっぺらさ加減もさることながら、「オレは時代の最先端だ」と言わんばかりのガキくさい表現主義的欲求に覆われた演出の拙劣さにただうんざりする他はない。まさにゴミだぜ。
posted by onion_slice at 22:50 | Comment(0) | TrackBack(0) | カルト
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/31592233

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。