2005年09月03日

28日後(2002,英)

「トレインスポッティング」のダニー・ボイルが監督。
交通事故で昏睡状態だった男ジム(キリアン・マーフィ)が28日ぶりに目覚めると、ロンドンは人を凶暴化して殺すウィルスの感染によって壊滅状態にあった。数少ない生存者であるセレーナ(ナオミ・ハリス)たちと救済を求めて廃墟をさまようが、ゾンビと化したウィルス感染者に襲われ、容赦ない殺し合いの世界に投げこまれる。

ロメロのゾンビ」を、ウィルスという今日的なテーマを背景にリメークしたような作品。しかしゾンビとの戦いというよりは、極限状況に置かれた生存者の間のテンションに重きが置かれているようで、主人公が、モラルと平常心を失い獣化した人間の起こす狂気の中をサバイバルしていくストーリーに発展していく。
話の視点はいまひとつインパクトがないが、ゴーストタウンと化したロンドンの風景は荒涼とした終末感をたたえていて、ビジュアル的にはなかなか。ただゾンビとの絡みが少ないのが多少物足りないのと、登場人物に深みがないのが難点。

それにしてもDVD安いな。

posted by onion_slice at 20:54 | Comment(0) | TrackBack(0) | サスペンス・ホラー
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。