2005年09月22日

桃色画報(2003,イタリア)

「カリギュラ」で有名なイタリアン・ピンクムービーの巨匠ティント・ブラスによる、6つの短編からなるエロチック・コメディ。原題は"Fallo!"。

6つのエピソードのどれも、変態でパワフルなスケベ節が炸裂である。覗き、スワップ、スパンキングにレズビアン、何でもござれだ。最後のエピソード以外オチらしいオチもなく、イタリアらしい陽気なノリ全開で突っ切っていく。イタリア女のグラマーな裸が乱れる姿はかなりエロ度高し。同じように性欲をテーマにした短編オムニバスというと、「ウディ・アレンの誰でも知りたがっているくせにちょっと聞きにくいSEXのすべてについて教えましょう」を思い浮かべるが、ウディ・アレンの映画より遥かに多く教えてくれます。いやー、爺さんになってもこんなエロイことばっか考えてるティント・ブラス監督、ただ者じゃないですな。

posted by onion_slice at 02:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | エロ
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。