2005年11月19日

盲獣VS一寸法師(2001,日本)

石井輝男の遺作。江戸川乱歩の「盲獣」と「一寸法師」をコンバインした怪奇もの。
カルト映画のマスターピースというような謳い文句につられて見てみると相当がっかりする。
20〜30年前のテレビシリーズのような安っぽいつくりに最初から気持ち悪さ以外の何も感じることはない。
「盲獣」と「一寸法師」という二人の殺人者を一本の映画にするというのはいいんだが、二人が起こす事件の間に何の関連もなく、最後まで交わることがないというのも中途半端すぎ。
塚本晋也の明智小五郎もピンとこねー。

posted by onion_slice at 21:49 | Comment(0) | TrackBack(0) | カルト
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/31592264

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。