2006年01月15日

ナイン・ソングス(2004,英)

イギリス人の青年とアメリカからの旅行者だか留学生だかの女性のセックスと、二人が出かけるロックのライブの映像を交互に見せた作品。

セックスシーンはそれなりに激しいです。映画だから限界はあるとはいえ、しっかり実演している様子。だけどどうも緩い。フランツ・フェルディナンドとかかなり旬なバンドを集めたロックの演奏も緩い。主人公の青年が南極の広大さについてうんぬんするポエムも緩い。3拍子そろって緩い。こりゃだめだ。久しぶりに途中で再生ストップしました、上映時間1時間ちょっとなのに我慢できず。エロシーンでさえ途中で飽きて、早送りしたい衝動にかられた。

マイケル・ウィンターボトムってどうなんだろうと多少の興味はあったけど、もうこの人の映画を見ることはないでしょうね。終わってます。

posted by onion_slice at 20:14 | Comment(0) | TrackBack(0) | エロ
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。