2007年08月10日

うる星やつら オンリー・ユー

BSで押井守特集やってて、初劇場映画監督作品である「うる星やつらオンリーユー」をやってたので見た。

あたるが他の惑星の女王にフィアンセとして連れて行かれそうになって、ラムちゃんがあの手この手で取り返そうとするというオリジナルのシナリオなんだけど、高橋留美子が話を手がけたと言ってもおかしくないぐらい違和感がない仕上がりになってる。逆にそこが押井には気に入らなかったらしく、BSのインタビューであれはでっかいテレビだ、ファンのためのイベントムービーだと相当自己批判している。

確かにテレビ版の日常の舞台を宇宙に移しただけの凡庸なラブコメアニメと言ってしまえばそれまでだけど、豊富な金と映画ならではの長い上映時間があるからこそできるスケールのでかいおバカっぷりはかなり楽しめる。とくに、諸星あたるのいいかげんさが銀河系一だということを確認させてくれたのがこの映画の功績だと思う。

うる星やつら、マンガも全巻読みたくなってきた。



posted by onion_slice at 00:01 | Comment(0) | TrackBack(0) | アニメ
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/50866687

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。