2007年08月16日

スネーク・フライト

護送される殺しの目撃者を消すために、ギャングが飛行機に大量の蛇を送り込むという荒唐無稽なシチュエーションのスリラー、、なんだけどハラハラ感はほとんどなく、コメディに近いユルい感じのノリで進んで行く。

とにかく演出のテキトーさがすごい。でっかいボス蛇が一度だけ出てきて、こいつとの対決になるかと思いきや完全放置状態だったり。乗客のキックボクシング使いのブルースリーみたいな東洋人も、ギャングのボスと何か関係ありそうな雰囲気醸し出しておきながら無意味な脇役だったり。
まあ同じストーリーをシリアス調でやったら、何百本もつくられてるハリウッドのまんねりパニック映画にしかならなかったのを、あえてB級っぽくみせることで新鮮味は出てる。

ちなみに、日本語字幕もテキトーきわまりなく、役者のしゃべってる台詞の半分以下しか日本語で出ないし、出ても意訳しすぎで意味不明。よほど英語わからないやつがつけたのか、わざと中途半端にやってるのか不明だけど、これはさすがに商品としてどうかと思う。仕方なく吹き替えで見たけど、サミュエル・L・ジャクソンの声があってねー。




posted by onion_slice at 00:28 | Comment(0) | TrackBack(1) | サスペンス・ホラー
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック

スネーク・フライト@我流映画評論
Excerpt: 今回紹介するのは、サミュエル・L・ジャクソンが出演しているパニックムービー、『スネーク・フライト』です。 まずはストーリーから・・・ 青年ショーン(=ネイサン・フィリップス)は偶然..
Weblog: ジフルブログは映画・音楽・札幌グルメを紹介|GFL BLOG
Tracked: 2007-08-30 03:13
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。